So-net無料ブログ作成

サンスベリア・プフィステリーについて・・ [サンセベリア(植物)]

 サンスベリア・プフィステリーを初めにタイで見たのは、今から5~6年前のこと。

 タイの恩師のハウスにアメリカから輸入した、プフィスの傷だらけの個体が鉢に植え付け

 られてました。(画像はMIXIに掲載してます。)

 当時は葉が2~3本で2~30万ほどしてましたが・・・

 その後、エイレンシスが世間一般にお目見えするように。

 ともに、増えにくいのが欠点で、特に、プフィスの個体から直接、子株が出ているものを

 見たことは無いです。エイレンシスは意外と、子株がランナーで出ている個体を見かけます。

ここ最近、ヤフオク等でプフィスの乾物みたいな子株が安価でよく出ていますが、多分あれは葉挿しらの個体でしょう。もしくは種からの。

今から、プフィスを購入検討されてる方は、ぜひ、太葉のワイドが60cm程度は最低ある個体を選びましょう。少々、高価でもそのほうが絶対に間違いなし!

 乾物クラスの個体はいくらがんばっても、画像のような姿にはなりません。

 それと、葉は細葉ではなく、円錐形みたいな太葉にしましょう。ここがポイント!

 IMG_0835.JPG


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0